ごんたのお気楽な毎日

タイピング,おすすめ無料ソフト,気になるニュース等を取り上げていくブログ

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月30日(木)

タイプウェル国語R(基本常用語)の自己最高記録を更新した。

長い前置き

パソコンのキーボード・タイピングを練習をしていて、一番上手く打てるようになりたいと考える言葉は、普段最も打っている言葉だろう。

プログラマーの場合は、日本語より英語を多用するかも知れないが、俺の場合は母国語である日本語を一番よく使う。そして、その日本語を入力する手段で主としている方法は、ローマ字入力QWERTY配列)である。

日本人の大半は、日本語ローマ字打ち(QWERTY配列)で文字を入力しているし、英語を入力することもあまりないだろう。だから、「タイピングの練習」と言えば、「日本語ローマ字打ち」と考えると思う。

実用的じゃなかったり、特に練習の必要のない入力方法を覚えることに快感を覚える変態な俺(ごんたのタイプウェル記録集を参照)でも、一番上手く打てるようになりたい入力方法は「日本語ローマ字打ち」である。

おすすめタイピング練習ソフト

日本語ローマ字入力を練習する手段としておすすめなのは、タイパーからの評価も高い無料のタイピング練習ソフト『タイプウェル国語R』を使った練習方法である。

そして、『タイプウェル国語R』にある4つのトライアル・モードの中で、一番実用的なモードは基本常用語モードである。

いよいよ本題

だから、『タイプウェル国語R』の基本常用語モードの自己最高記録を更新したのは、すごい嬉しいのだ。

しかも、最速ラップタイムも更新しちゃったもんだから嬉しさ倍増なのだ。

夢のXAレベルが近付いてきた(`・ω・´)キュピーン!!

2006年11月27日(月)

ディープインパクトジャパンカップで優勝した!

今回の『第26回ジャパンカップ[G1]』は、日本で唯一ディープインパクトを破った馬「ハーツクライ」が出場することで高い注目を浴びていた。

ジャパンカップでのディープインパクトの単勝オッズは1.3倍。一見するとかなり低い倍率だが、ほとんどのレースで1.1倍をつける(過去のオッズは、1.0倍が最低、1.3倍が最高)ディープインパクトとしては少し高い倍率と言える。

これはやはり、ハーツクライへの「もう一度ディープインパクトを破るかも知れない」という期待があったからだろう。

ディープインパクトの動画(ジャパンカップ)

『ジャパンカップ』でのディープインパクトの動画。出走前の出走馬紹介から、ディープインパクトの優勝が決まる瞬間までが見られる。そして、ディープインパクトの騎手「武豊(たけゆたか)」とディープインパクトの調教師「池江泰郎(いけえやすお)」のインタビューまで付いている。

再生時間は、05分27秒。YouTube(ユーチューブ)にジャパンカップの動画がいくつかあったが、この動画が一番内容がよかった。

2006年11月23日(木)

俺が普段、タイピング練習に使用しているタイピングソフトは、『タイプウェル』である。『タイプウェル』はシリーズになっていて、全部で6種類あり、全て無料で使用できる。

タイプウェルシリーズ紹介

『タイプウェル国語R』
日本語ローマ字打ちの練習が出来るタイピングソフト
『タイプウェル国語K』
日本語かな(JISかな)打ちの練習が出来るタイピングソフト
『タイプウェル英単語』
英単語打ち練習が出来るタイピングソフト
『タイプウェルオリジナル』
ローマ字・記号・数字のランダム打ちの練習が出来るタイピングソフト
『タイプウェル憲法』
長文(日本語ローマ字・日本語かな・英語)を打つ練習が出来るタイピングソフト
『タイプウェルFT』
実用練習(漢字変換とミスの修正が必要)が出来るタイピングソフト

俺は、この6種類のソフト全てを打っているが、他人と記録を比較できるのは、『タイプウェルFT』以外の5種類である。

2006年11月19日(日)

タイピング」に関すること(タイピング練習ソフトの記録更新報告など)が主なテーマのブログのはずなのに、最近は記録更新が全くなく、別のテーマばかり取り上げてた。

しかし今日、や~っと記録を更新することが出来た。しかも、1日で2種目も更新しちゃった。記録を更新したタイピング練習ソフトは、『タイプウェル』である。

『タイプウェル』の記録更新(1つ目)

最初に更新した種目は、『タイプウェル英単語』の「拡張基本英単語Q-Z」モードである。ただし、「タイプウェル・スピードランキング」に登録していない方、すなわちDvorak配列用の記録だ。

調子がいまいちで、5回打ち切って全て100位以下という状態だった。調子がよくない時に無理して打っても面白くないので、次で最後にしようと決めた。

よーし、集中していこう!

1行の終わり辺りで集中力が一度途切れかけて失速したが、すぐに持ち直した。そして、中盤で青ドット(目標は1つ上のレベルに設定)を追い越した所で緊張により再び失速したが、終盤に一気に追い込み、見事に最高記録を更新した。

なんと、1.652秒の大更新(俺の中では)だった。

レベルアップのチャンスもあったが、あと一歩届かなかった。でも、タイピングの記録を更新したのは、約1ヶ月ぶりだったので大満足だ。

『タイプウェル』の記録更新(2つ目)

2つ目に更新したのは、『タイプウェルオリジナル』の「数字」モードである。ただし、「タイプウェル・スピードランキング」に登録していない方、すなわち最上段打ち用の記録だ。

8回打ち切って、最高が84位という状態だった。これは、数字モード(最上段)ではよくある状態だ。

最高記録の更新があったのは、9回目の打ち切り時だった。

一度も青ドット(目標は1つ上のレベルに設定)を追い抜くことはなかったが、黄色ドットの前後をさまよっていたので、「こ、これは、最高記録更新のチャンスかも知れない。」という緊張感が集中に繋がった。

結果は、0.131秒の更新だった。タイム的には大した更新ではないが、憧れのZホルダーにじわじわ近付いていっている感覚が、俺には嬉しくてたまらない(≧ω≦)

2006年11月15日(水)

ダイノジおおちエアギターオークションに出品されることが決まった。

13日(月)、楽天オークションは東京・汐留のコンラッド東京にて、「第1回 楽オク・エアギターバトル エアネス2006」を開催した。

このイベントは「楽天オークション」のサービス開始を記念して行われたもので、K-1のようにエアギターの腕前を1対1のバトル形式で競うというもの。2006年の世界選手権で1位に輝いたタレントのダイノジおおち、2004年、2005年の世界選手権で4位の第一人者、金剛地武志ら日本のトップエアギタリストたち8名が集結し、腕前を競い合った。

(中略)

また、楽天オークション主催イベントということで、エアギタリストのチャリティオークションも行われる模様だ。ダイノジおおちからは「世界大会で使用し、3本目に折れたギター」「愛用の高価な靴」「トレードマークの虎模様のセーター」が、金剛地武志からは「今回頭に巻いたネクタイ」等のアイテムが提供されていた。

引用元:livedoor ニュース

デイリースポーツonlineの記事によると、3本目に折れたギターではなく、5本目に折れたギターらしい。

まぁ、どっちでもいいけどね(´゚c_,゚` )

2006年11月13日(月)

「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック『のだめカンタービレ』フェルトケンバンバッグ

今、月9ドラマのだめカンタービレ』が熱い!

ドラマ『のだめカンタービレ』は、初回から18%前後と高視聴率をキープしている話題のドラマである。音楽を扱った作品が好きな俺は、初回から欠かさず観ている。

ドラマが始まってから、『のだめカンタービレ』のオープニング曲が着うたのクラシック部門で3週連続1位になったようだ。クラシック曲としては異例の3万ダウンロードを突破(通常は1000ダウンロードにも届かない。)している。

オープニング曲は、ベートーベン(ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン)作曲の『交響曲第7番第1楽章(交響曲第7番イ長調 作品92 第1楽章)』。第5番『運命』や第9番(第九、だいく)等に比べると知名度は劣るが、リズミカルでとても人気のある作品である。

2006年11月05日(日)

東野圭吾原作の映画『手紙』が11月3日から公開されたので、さっそく観に行ってきた。

映画『手紙』を見る前の出来事

映画『手紙』のあらすじと原作者名(東野圭吾)をテレビで知って興味がわいたので、『手紙』を実際に観た人の評判を探る為に、「Yahoo!映画」の『手紙』の作品ユーザーレビューを見てみた。

そこで、映画『手紙』に対する批評(ネタバレしていないものだけ)をいくつか読んだところ、全体的に結構評価が高かったので、「おっ、観てみよーっと♪」とワクワクしながら映画館へ。

『手紙』は公開してから日が浅いし、結構人気ありそうだから、「混んでて観られなかったらどうしよう」と心配しながら、チケットを購入する為に受付へ行く。そして、受付の綺麗な女性に「座席を選んでください。」と言われ、色んな意味でドキドキしながらモニター画面を見る。

ん?ガラガラじゃん!!

上映時間ギリギリだったのに座席は半分以上空いていた。『手紙』が観られることが分かってホッとしたが、なんか微妙な気持ちだった。ちなみに時間は夜9時頃。俺は、ど真ん中の席に座った。

う~ん、『手紙』って人気ないのかなぁ…。

2006年11月03日(金)

昨日(11月2日)、IE7(Internet Explorer 7)の日本語版正式提供が開始した。

IE(Internet Explorer インターネット・エクスプローラー)は、マイクロソフト社が開発しているWebブラウザである。Windowsを使っている人なら1度は使ったことのあるアレである。

そのIEの最新版であるIE7に対応しているOS(基本ソフトウェア)は、Windows XP SP2、Windows XP 64-bit Edition、Windows Server 2003 SP1である。ちなみに俺が使ってるのは、Windows XP SP2。

IE7での改善点

IE6からIE7にバージョンアップしたことで改善された点は主に6つある。

  • 合理化されたインターフェース(外観が分かりやすくなった)

  • タブブラウジング機能の追加(複数のページを1つのウィンドウで表示可能)

  • 印刷機能の向上(用紙のサイズに合わせて自動的にテキストが縮小される)

  • RSSフィード機能の追加(ブログなどの最新情報のチェックが簡単になる)

  • インスタント・サーチボックスの追加(ブラウザに検索窓がつくことにより検索サイトに行く手間が省ける)

  • セキュリティ機能の向上(フィッシング詐欺サイトの対策など)

IE7のβ(ベータ)版が出ていた時には、「正式版が出たら導入しよう。それまでは待つぞ。」と考えていたが、いざ正式版が出たら「今、導入すべきだろうか。」と悩んでいる俺がいる。

2006年11月01日(水)

無料タイピング練習ソフト『タイプウェル』には、タイパーのレベルに応じていくつかの称号が定められている。それらの称号を取得するのは困難で、相当の努力と期間が必要である。

俺は以前、苦労の末にタイプウェルの『オールラウンダー』という称号を手に入れた。

この称号を取得する為の条件は、タイプウェルシリーズの中の4種類のソフト「タイプウェル国語R」,「タイプウェル国語K」,「タイプウェル英単語」,「タイプウェルオリジナル」の全てにおいて、総合レベルSS(Genius)以上に達していることである。

『オールラウンダー』の称号を手に入れた時はとても感激した。タイプウェルをやっていて一番嬉しい瞬間だった。

次に目指す称号は、上に挙げた4種類の中でどれか1種を総合XAレベルに到達させることで得られる『スペシャリスト』か、16種類あるモードの中でどれか1つのモードをZJレベルに到達させることで得られる『Zホルダー』と考えていた。

ところが、つい先日、新しい称号が発表されたことで、新たな選択肢が加わった。

新しい称号の名前は『トゥルータイパー』である。

新しい称号『トゥルータイパー』

『トゥルータイパー』の称号を得る為の条件は、次に挙げる3つ全てを適えていることである。

  • 「タイプウェル国語R」の基本常用語モードでXFレベル以上に到達、または「タイプウェル国語K」の基本常用語モードでXFレベル以上に到達

  • 「タイプウェル英単語」の基本英単語1500モードでXFレベル以上に到達

  • 「タイプウェルオリジナル」のすべてのキー・モードでXFレベル以上に到達

俺は、上の2つを既に適えているので、最後の1つ(すべてのキーでXF到達)を目指すことになる。

『トゥルータイパー』は、7000人以上もいる「タイピングスピード・ランキング参加者」のうち70人しか取得していないので、十分誇りに思える称号だと思う。

『トゥルータイパー』という称号の登場によって、「タイプウェルオリジナル」の練習に励む人が増えるのではないだろうか。

新たな目標を与えてくれ、モチベーションを上げてくれた「タイプウェル」作者GANGASさんに感謝!

プロフィール
ごんた
著者近影(ごんたの顔)
恥ずかしいのでモザイク入れました

好奇心旺盛なタイパー

タイプウェル』の称号を3つ獲得している。

  • スペシャリスト(国語R)
  • オールラウンダー
  • トゥルータイパー

『タイプウェル』で225人目の殿堂入り。

カレンダー
10 « 2006-11 » 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別分類
内容別分類
全記事から検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
おまけ
  • 改造前の姿
  • RSS FEED
  • QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。